テストステロン増強計画まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テストステロンを増やす

テストステロンを増やす方法 まとめ

テストステロンレベルを増やすための基本は「テストステロン(男性ホルモン)の分泌を増やすこと」「エストロゲン(女性ホルモン)レベルを減らすこと」の2つです。それ以外にも肝臓での代謝を高めたり、テストステロンが他のホルモン物質に変換されることを防いだりと、いくつかのアプローチがあります。

テストステロンを増やす

直接テストステロンを増やす、または、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)や黄体形成ホルモン(LH)を刺激し、テストステロンの分泌を促します。

松の花粉 

松は植物性アンドロゲンと呼ばれ、松の花粉や樹皮、実や葉などのあらゆる部位にテストステロンが含まれています。その中でも花粉に植物由来のテストステロンが非常に多く含まれています。松の花粉は間接的にテストステロンの分泌を増やすのではなく、テストステロンそのものです。松には強い男性ホルモン様作用があり、血中のフリーテストステロンレベルを高め、アンドロゲン/エストロゲンの割合を改善してくれます。但し、日本国内での流通はほとんどありません。スティーブン・ハロッド・ビューナーは自著であるナチュラルテストステロン―男性更年期とハーブの活用 で、松の花粉が最も強力な植物アンドロゲンであると記しています。

トリビュラス(ハマビシ) 

ハマビシは国内でも生息し本州~四国・九州にかけての温暖な海岸に自生しています。ハマビシは脳下垂体にある黄体形成ホルモン(LH)を刺激し、精巣のライディッヒ細胞でテストステロンを分泌させるように働きます。ハマビシは男性向けの精力剤などにもよく使われています。残念ながら日本国内では医薬品成分とされており、いわゆる健康食品や食用に供することは禁止されています。ですので、自己責任となってしまいますが個人輸入等で入手するしかなさそうです。

チョウセンニンジン 

チョウセンニンジンは中国、韓国、ロシアが原産地で中国では何千年も前から薬用目的で多量に使用されてきました。本来、テストステロンの分泌や精子を形成するためには、GnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)というホルモンによって下垂体から分泌が促されます。チョウセンニンジンの成分であるギンセノシドは体内で生成される性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)と同じくらい強い作用を持ち、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が放出したかのように働きかける、もしくは放出を刺激します

深い睡眠 

睡眠は自然にテストステロンを増やす最良の方法の1つでもあります。男性ホルモン(テストステロン)は朝方に最も高くなり、徐々に減少して夕方から夜にかけて最も少なくります。そして睡眠中に、テストステロンの分泌を促す性腺刺激ホルモン(黄体形成ホルモン)が分泌されテストステロンは回復します。良質な睡眠をとることでテストステロンレベルを2倍にするという研究結果があります。4時間寝ていた人は、テストステロンレベルが約200-300 ng/dlであるのに対し、8時間寝た人のテストステロンレベルは約500-700 ng/dlでした。結果、睡眠時間が増えるほど体が生成するテストステロンの量が多くなるということを示しています。

短時間のトレーニング 

筋力トレーニングはテストステロンを増加させます。しかし、長時間のオーバートレーニングになってしまうと、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが急激に増えてしまい、テストステロンを激減させてしまいます。持久力トレーニングもまたコルチゾールを増やしてしまいます。テストステロンレベルを上げ、コルチゾールレベルを下げることを目的とする場合、週2~4回強く激しく比較的短いトレーニングトレーニングを行うと良いでしょう。

テストステロン補充治療 

メンズクリニックや泌尿器科では、男性更年期(LOH症候群)患者に対して、男性ホルモン(テストステロン)を直接補充する治療法が行われます。日本国内で対応しているクリニックはまだまだ少ないのが現状です。テストステロンを注射で補充する場合は数週間おきに投与します。現在、保険の適用が認められているホルモン補充治療は注射によるテストステロンの補充のみです。経皮吸収で補充するタイプの塗り薬もありますが、こちらは残念ながら保険適用外となります。経皮吸収で補充するタイプの場合は通院しなくても自宅で使用することが可能です。
→ セルノスジェル
→ テストジェル

コレステロールを摂る 

コレステロールは全てのホルモンの前駆物質であることから「グランドマザーホルモン」と呼ばれます。コレステロールからプレグネノロンというステロイドホルモンに代謝されます。プレグネノロンは男女双方の体内で最初に作られるステロイドホルモンであり、他のすべてのステロイドホルモンはここから作られます。テストステロンは精巣でコレステロールを原料として生成されます。コレステロールをテストステロンに変換する際には、「ビタミンE」や「亜鉛」などの栄養素の働きが必要になります。コレステロールは脂肪から作られ、テストステロンになる。そのため、ある程度の脂質は必要となります。

テストステロンを守る

ストステロンがアロマターゼや5αリダクターゼなどの酵素によって他のホルモン物質に変換されないようにします。また、テストステロンが性ホルモン結合淡泊(SHBG)と結合しないようにすることで、テストステロンが不活性化の状態になることを防ぎます。

亜鉛 

亜鉛は精子の形成や運動性、勃起機能に加えてテストステロンレベルの向上など男性の性機能に重要な役割を果たします。性ホルモンの前駆体であるアンドロステンジオンは特定の亜鉛依存性酵素の働きによってテストステロンに変換されます。この特定の亜鉛依存性酵素が少ないとテストステロンの減少をも招きます。

ノコギリヤシ 

テストステロンは血中にある5αリダクターゼという酵素と結びつくことでジヒドロテストステロン(DHT)に変化されます。DHTは男性型脱毛症(AGA)の原因となる男性ホルモンで、テストステロンの5~15倍も強力と言われています。またDHTは前立腺肥大の原因であるとも言われています。ノコギリヤシに含まれるβシトステロールとオクタコサノールは、5αリダクターゼの働きを抑制する働きがあります。5αリダクターゼの働きを抑制することでテストステロンがDHTに変換されることを防ぎます。DHT事態は決して悪いものではなく、体内のアンドロゲン/エストロゲンのバランスを調整する役割を持つことが示唆されています。

ビタミンD 

近年の研究で、ビタミンDがフリーテストステロンに深く関連していることが解ってきました。ある研究では、血中のビタミンDレベルが高い男性群(30ng/ml以上)はフリーテストステロンレベルが高く、ビタミンDが欠乏した男性群(20ng/ml以下)ではフリーテストステロンレベルが低く、女性ホルモン(エストロゲン)レベルが高いことが確認されています。テストステロンを分泌する様々な腺の細胞にはビタミンD受容体があることから、研究者の間ではビタミンDがテストステロンの生成をサポートするのだろうと示唆しています。更に、ビタミンDは男性の体内テストステロンをエストロゲンに変換するアロマターゼを抑制すると考えられています。

ネトル(イラクサ)の根 

ネトル(イエラクサ)の根がテストステロンの代わりにSHBGと結合することで、テストステロンがSHBGに結合するのを防ぐというユニークな働きがあります。その結果、フリーテストステロンの量を増やすというものです。また、強い抗アロマターゼ作用があるため、テストステロンがエストラジオールに変換することを阻害します。ネトル(イエラクサ)の根は男性向けの精力剤やテストステロンブースターなどにも商品化されています。

DIM(ジインドリルメタン) 

DIM(ジインドリルメタン)はブロッコリー、カリフラワー等のアブラナ科の野菜にあるの硫黄化合物で、肝臓のデトックスやエストロゲンの代謝を促進させる酵素の働きをサポートし、黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌量のバランスとる働きがあるとされております。DIM (ジインドリルメタン) には、エストロゲンの代謝を促進させることで、乳がんのガン細胞の増殖を抑制する抗がん作用として用いられるようです。

アロマターゼを減らす

アロマターゼ酵素を減らすことによってフリーテストステロンが強力な女性ホルモンであるエストラジオールに変換されることを防ぎます。

キサントン 

キサントンはマンゴスチンの果皮に含まれるポリフェノールの一種で、他に類をみないほど強力な抗酸化作用をもっており、抗菌・殺菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用、シクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)阻害作用、がん予防作用、抗腫瘍作用などが報告されています。さらにアロマターゼを阻害する働きがあることがも報告されています。2008年に米国イリノイ大学薬学部薬学部で行われた実験結果ではキサントンが最も強いアロマターゼ阻害活性を持つことが報告されています。
Xanthones from the Botanical Dietary Supplement Mangosteen (Garcinia mangostana) with Aromatase Inhibitory Activity(植物性サプリメントのマンゴスチン果皮に含まれるキサントンのアロマターゼ阻害作用)

DIM(ジインドリルメタン) 

DIM(ジインドリルメタン)はブロッコリー、カリフラワー等のアブラナ科の野菜にあるの硫黄化合物で、肝臓のデトックスやエストロゲンの代謝を促進させる酵素の働きをサポートし、黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌量のバランスとる働きがあるとされております。DIM (ジインドリルメタン) には、エストロゲンの代謝を促進させることで、乳がんのガン細胞の増殖を抑制する抗がん作用として用いられるようです。

クリシン 

クリシンは、テストステロン濃度を向上させ、テストステロンの分泌を刺激することが期待され、プロテインサプリメント等に加えられています。高濃度のクリシンはアロマターゼ阻害剤の作用を示したという報告もある。しかし、経口摂取したクリシンはアロマターゼ阻害活性を持たないという報告もあり、また、テストステロンの分泌を刺激する効果を持つという根拠はないとも言われています。

体脂肪を落とす 

テストステロンは体内のアロマターゼという酵素と結びつくとエストラジオールという強力な女性ホルモンに変換してしまいます。このアロマターゼという酵素は私たちのお腹などにある脂肪細胞に存在します。つまり脂肪の量が多ければ多いほど、アロマターゼ酵素の量も増え、結果としてテストステロンは女性ホルモンに変換されてしまうのです。アロマターゼ酵素を減らすにはまず体脂肪を減少させることが近道となります

アルコールを飲み過ぎない 

テストステロンを女性ホルモンに変換してしまうアロマターゼはお腹などの脂肪細胞に多く含まれますが、アルコールによってさらに活性化されると言われています。また、アルコールの摂りすぎで肝臓機能が弱ってしまうと、血中のエストロゲンが代謝されずに残ってしまい、血中のエストロゲン濃度が高くなります。肝硬変の患者によく見られる女性化乳房は、血中のエストロゲンレベルが高くなり乳腺が大きくなってしまっている状態です。また、睾丸も小さくなります。

ビールを飲まない 

ビールに含まれるホップは強い女性ホルモン様作用(女性ホルモンに似た作用)を持ちます。ホップは地球上で最も強い女性ホルモン様作用のある植物と言われています。ホップに含まれる女性ホルモン様作用のほとんどは女性ホルモンの中で最も作用の強いエストラジオールです。

アロマターゼ阻害薬 

アロマターゼ阻害薬は男性への投与は認可されておりません。服用する際は、メンズクリニックで処方してもらうか、もしくは自己責任で個人輸入するしかありません。アロマターゼ阻害剤に関する研究論文では、次のようにあります。「17人の無精子症、10人の乏精子症と診断された男性不妊患者に対してレトロゾール2.5mg/dayを6か月以上内服させた結果、乏精子症の10人に精液量、精子数、運動率、総運動精子数で上昇が見られし、そのうち2人が自然妊娠した。また、無精子症の17人では、4人に精子が出現するようになった。」といった報告がなされています。
→ アナストロゾール(アリミデックス
→ エキセメスタン(アロマシン
→ レトロゾール(フェマラ

コルチゾールを減らす

ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を減らすことによって、コルチゾールによる破壊活動からテストステロンを保護します。

ロディオラ・ロゼア 

イワベンケイ(ロディオラ・ロゼア)は気分を向上させたり、鬱を軽減したりする効果があるといわれているハーブです。ハーバリストと医師は、今までに発見したハーブの中で、人間の健康のために最も有益なハーブの1つだという見解を示しています。実際にロディオラがどのように疲労を軽減し、幸福感を増し、認知を改善し、コルチゾールを減らすことを示す多くの研究論文があります。

テストステロンを減らすストレスホルモン「コルチゾール」/6.ロディオラ・ロゼア

ビタミンC 

ビタミンCはおそらくコルチゾールレベルのバランスをとるために最も効果的で費用効果の高いサプリメントです。複数の研究で、運動後のビタミンC補給がコルチゾールを迅速に除去し回復を促進させることが解っています。

テストステロンを減らすストレスホルモン「コルチゾール」/4.ビタミンCを摂る

補中益気湯 

テストステロンを増やす漢方薬として代表的なのが 補中益気湯です。帝京大学医学部泌尿器科で行われた研究結果では、補中益気湯をLOH症候群に対して1日7.5gを8週間投与した結果、遊離テストステロンは有意な上昇を示し、副腎皮質刺激ホルモン(ACHT)とコルチゾールが有意に低下することが確認されたそうです。

漢方薬でテストステロンを増やす/補中益気湯でテストステロンを増やす

深い睡眠 

コルチゾールを低下させる簡単な方法は、「睡眠」をよくとることです。睡眠はストレスを軽減するのに最適です。睡眠はコルチゾールを減らすことが、いくつかの研究により明らかになっています。睡眠はコルチゾールを減らすだけでなく、自然にテストステロンを増やす最良の方法の1つでもあります。良質な睡眠をとることでテストステロンレベルを2倍にするという研究結果があります。

テストステロンを減らすストレスホルモン「コルチゾール」/5.よく寝る

笑う/リラックス 

1989年にローマリンダ大学医学部によって行われた研究では、笑うことがコルチゾールに関係することを発見しました。健康な男性にユーモアビデオを60分間を見せたところ、コルチゾールが有意に低下し、また成長ホルモンのレベルも増加することを確認したそうです。

テストステロンを減らすストレスホルモン「コルチゾール」/3.笑う
テストステロンを減らすストレスホルモン「コルチゾール」/7.リラクゼーション

カフェインを摂りすぎない 

ストレスが高い状態、所謂コルチゾールがたくさん放出されているような場合では多量のコーヒーを飲むべきではありません。運動前にカフェインをとることでテストステロンレベルを12~19%増加させることが証明されています。しかし、カフェインが副腎皮質を直接刺激してコルチゾールを血流に放出させるということも科学的に証明されています。

テストステロンを減らすストレスホルモン「コルチゾール」/2.カフェインをとりすぎない

長時間のトレーニングを控える 

持久力トレーニングはコルチゾールを急激に増加させることで知られており、テストステロン値も有意に低下させてしまいます。長距離ランニングでは、ストレスによるコルチゾール分泌が一因となって、異化(筋肉からのタンパク質の損失が起こる)が場合が起こります。

テストステロンを減らすストレスホルモン「コルチゾール」/1.トレーニング

酸化ストレスを防ぐ

酸化ストレスが高い状態、つまり活性酸素(フリーラジカル)による酸化作用と抗酸化物質のバランスが崩れ、酸化レベルが高い状態になると、活性酸素がテストステロンを分泌する機能を持つ生殖器官を弱らせ、テストステロンを低下させてしまいます。

アルファリポ酸 

αリポ酸は抗酸化力が非常に高く、ビタミンEやビタミンCの約400倍の抗酸化力があると言われています。また、素早く吸収されるため、活性酸素(フリーラジカル)を素早く中和します。アルファリポ酸はビタミンCやビタミンE、グルタチオンを再生しリサイクルするため、様々な病気に効くと言われています。αリポ酸は、細胞の老化を遅らせるだけでなく、脂肪を燃焼する重要な栄養素でもあるため、ダイエット向けのサプリメントととしても発売されています。

カテキン 

カテキンは、お茶に含まれている苦みや渋みの成分でポリフェノールの一種です。カテキンの抗酸化力は、ビタミンEの約50倍だといわれています。脂肪分解の促進や血糖値の上昇を緩やかにする効果があり、運動前に摂ることで脂肪燃焼の促進も期待されます。また、緑茶にはエストロゲンレベルを下げる効果があると言われています。緑茶に含まれるカテキンがエストロゲンの分泌を下げている、もしくは、緑茶に含まれるタモキシフェンによる抗エストロゲン効果と考えられています。

リコピン 

リコピンはカロテノイドという、天然色素の一種で、トマトやスイカなどに多く含まれる赤や黄色、オレンジ色の色素です。リコピンは活性酸素を消去する能力が強く、他の天然の抗酸化物質と比較しても明らかに強いと言われています。その作用はβ-カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上にもなることが分かっています。リコピンはその抗酸化作用から、がん予防全般にに効果があることが期待されています。また、トマトを多く摂取している人は、前立腺がん発症の確率が低下するということが研究の結果明らかにされました。

レスベラトロール 

レスベラトロールは強力なポリフェノールの一種で、血中の抗酸化力を増加させる効果があります。その抗酸化作用はビタミンCの数百倍もあるといわれています。レスベラトロールは、精子の酸化ストレスを防ぎ、受精能力を高めたり、 精子の数を増やす効果や凍結した精子のDNA 損傷を予防する効果があるという結果も報告されています。また、男性のED(勃起不全)を改善する効果があるという動物実験の結果を、大阪大学の研究チームにより発表されました。また、マウスによる皮膚がんのモデル実験では98%もの抑制効果が確認されました。この論文発表以降、レスベラトロールはがんを抑制する物質として大きな期待が寄せられています。

肝臓の代謝を良くする

肝臓の働きを良くすることで、不要な女性ホルモンや環境ホルモン物質を排出させ、ホルモンバランスを整えます。

コリン&イノシトール 

コリンは肝臓における脂肪酸代謝を促進します。コリンとイノシトールは両方とも、全ての細胞膜に必須の成分です。胆石、肝臓、腎臓の問題、動脈硬化、緑内障などに有効と言われています。特に肝臓に過度に脂肪が沈着するのを防ぐ性質があります。血中のコレステロールや中性脂肪を減少させて、血流をスムーズにさせる事から、血管内へのコレステロールの沈着を防ぐ事ができ、動脈硬化の予防にもつながります。

DIM(ジインドリルメタン) 

DIM(ジインドリルメタン)はブロッコリー、カリフラワー等のアブラナ科の野菜にあるの硫黄化合物で、肝臓のデトックスやエストロゲンの代謝を促進させる酵素の働きをサポートし、黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌量のバランスとる働きがあるとされております。DIM (ジインドリルメタン) には、エストロゲンの代謝を促進させることで、乳がんのガン細胞の増殖を抑制する抗がん作用として用いられるようです。

ミルクシスル 

ミルクシスルは損傷した肝臓の細胞を再生させ健康な肝機能に戻す働きがあります。強力な抗酸化物質であり、解毒作用をもつグルタチオンの生成を促すことで、肝臓を保護し、肝機能を高めます。最強の抗酸化物質であるグルタチオンを肝臓内で平均35%の濃度に高めると言われています。肝硬変、アルコール性肝障害、ウイルス性肝障害、薬剤性肝障害にも効果があり、医療現場でも利用されています。多くの研究によって健康な肝細胞の損傷を予防する一方傷ついた肝臓の細胞を再生することがわかっています。

グルタチオン 

グルタチオンは解毒を促進する作用や非常に強力な抗酸化作用があります。肝臓に運ばれてきた毒物とグルタチオンが結合し、毒物を閉じ込め尿中へ排泄させます。肝臓の解毒作用にはグルタチオンが非常に重要な働きをします。つまり肝臓のグルタチオン濃度を下げないようにすることが重要です。また、グルタチオンは抗酸化作用物質としても非常に優れています。グルタチオンペルオキシダーゼという酵素と協力して、細胞膜を保護して人体を守ります。体内で合成されるグルタチオンの量は、加齢とともに減少します。高齢になるほどグルタチオンを食品から摂る必要性が高まります。薬やサプリメントとして飲んでも、腸で吸収されるまでに多くが破壊されてしまうため、効果を上げるためには点滴による摂取が一般的です。

本サイトではテストステロンを増やしたり、減らさないようにする方法に特化してリサーチしています。あくまで個人が調べた結果をまとめているものであり、お勧めしているものではありませんので予めご了承下さい。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る