テストステロンのダイエット効果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テストステロンは脂肪燃焼ホルモン

男性ホルモンはしばしば脂肪燃焼ホルモンとして認識されています。テストステロンレベルが低い人は、脂肪がつきやすい傾向にありますが、体の全ての部位に脂肪がつくわけではありません。男性の場合、特にウエストの周りに蓄積されます。

そのほとんどが内臓脂肪であり、腹回りの筋肉の下に見られます。男性の中年太りはこの内臓脂肪が増える傾向があり、年齢とともにテストステロンの分泌が低下していることが原因の1つとして考えられます。

中高年の内臓脂肪はテストステロンの低下が原因

近年の研究では、中年男性の内臓脂肪の蓄積に対してテストステロンの分泌が特にお腹周りの脂肪を分解するのに効果があると指摘されています。したがって、男性ホルモンは中高年の内臓脂肪に関連する潜在的な健康上の問題を防ぐのに役立ちます。

テストステロンと成長ホルモンは、筋肉同化作用を促進する上で同じ相乗作用を有します。脂肪細胞に作用することにより、テストステロンは脂肪蓄積を阻害し、脂肪が蓄積されることを低下させます。

男性ホルモンは脂肪の分解を促進するだけでなく、脂肪が蓄積されることも防ぎます。

テストステロンと食欲

ただし、テストステロンが脂肪を減らす作用を持つのに対し、その反面、食欲を促進する効果も併せ持っています。

実際には、男性ホルモンにより痩せるか太るかを決定するのは食欲です。もし食欲があまり増えなければ、テストステロンにより痩せるでしょう。

つまり食欲と戦わなければ、もっと太ってしまうということです。

本サイトではテストステロンを増やしたり、減らさないようにする方法に特化してリサーチしています。あくまで個人が調べた結果をまとめているものであり、お勧めしているものではありませんので予めご了承下さい。


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
トップへ戻る