EDの自然療法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中高年の悩みの種の1つが「勃起不全」、いわゆるEDです。

アメリカ人の男性の約3千万人が何らかの理由でEDを患っていると言われています。

そんな背景もあってか、バイアグラが爆発的に売れ続けていますね。

日本でもバイアグラの登場により、夜の性生活に役立てている人も多いのではないでしょうか?

管理人もカマグラゴールドを使っていた時期があります。威力は凄まじく、性行為後もずっと勃起が治まらなかったため、生活に支障が出るくらいでした。。。

カマグラ(Kamagra)50mg

しかし、バイアグラはとても役立ちますが、根本的な治療を行うわけではありません。ずっと使い続けなければならないのです。

また、バイアグラの副作用もよく耳にします。バイアグラが発売後の5ヵ月の間に、使用者で69名もの死者が出たことをFDA(アメリカの食品医薬品局)によって発表されています。

EDになる4つの原因

EDと言っても、原因は様々です。大きく分けて、以下の4つがEDの原因と言われています。

①環境ホルモンなどの女性ホルモン様物質
参考:環境ホルモンがもたらすテストステロンへの影響

②薬品

③ペニスの血管で起こる動脈硬化

④高血糖による細小血管障害(血管が狭くなる症状)

上記のうち、EDは「③ペニスの血管で起こる動脈硬化」による原因が最も多いと考えられています。

EDを自然治療によって根本的な原因を正す

ハーブやサプリメントの中にはEDの治療に改善が見られたものがいくつかあります。

これらの自然療法はバイアグラのように即効性があるわけではなく、時間をかけて2~6か月程度で変化が見られるといったものです。

イチョウ葉

イチョウ葉は国内の薬局でも簡単に手に入るサプリメントです。イチョウ葉には血管拡張、リラックス、血流を刺激するなどの作用があります。

イチョウ葉が脳やペニスへの末梢神経への血流を向上させることへの有効性を検証した研究が数多く行われています。

ある臨床試験では、パパベリン(強力な勃起機能刺激剤)が全く効果が無かった60名の男性に対して60mgのイチョウ葉を毎日12~18か月間服用させたところ、6~8週間後には血流が向上し、6か月後には50%の男性のED症状が改善されたのだそうです。

他にも動脈硬化による血流不足でEDを患っている患者50名に対して80mgのイチョウ葉を1日3回服用させたところ6か月後には39名がED薬を服用しなくても勃起が起こるようになったのだとか。

それ以外にも、多くの臨床試験がありますが、いずれも即効性はなく、長期間かけて症状を改善させているのが特徴です。

ハマビシ

ハマビシについては、本サイトでも何度か取り上げていますが、ED回復にも有効です。

残念ながら、国内では医薬品扱いとなり医師の処方なしでは入手できません。自己責任となりますが、個人輸入で入手することは可能です。

また、ハマビシはテストステロンブースターと呼ばれる類のサプリメントのほとんどに配合されています。

ハマビシは血管をリラックスさせる効果があり、血圧を低下させる作用があります。また、ペニスの酸化窒素やアセチルコリンの働きを促進させ、DHEAの生成を活発にします。

ある研究では、53名の男性に250mgのハマビシを1日2回、3ヵ月服用させたところ、ほとんどの男性が性的活力や勃起、射精やオーガズムなどで著しく改善がみられたそうです。

また、別の研究では50名のED患者に対し、4週間の治療で勃起・性交時間、性交後の満足感に改善が見られたそうです。

ハマビシはイチョウ葉と違って短期間で効果が得られる傾向が見られます。

ムイラプアマ

ムイラプアマはブラジル原産の樹皮で、日本ではほぼ無名ですが、ヨーロッパなどではハーブ医療として長い間使用されてきました。

ムイラプアマは筋肉や関節の痛みを緩和する抗リウマチ薬および神経筋の賦活剤として強い作用を持っています。

日本でのムイラプアマは医薬品としての扱いとなります。個人で入手するには自己責任となりますが、個人輸入で入手するしかありません。

ムイラプアマの特徴は、リラックスさせると同時にストレスを軽減させ性欲を起こす強い作用がある点です。性的関心や勃起機能、中枢神経機能を刺激します。

これらのムイラプアマの効果は、多くの臨床試験で立証されています。

ある臨床試験では、性欲が減衰したED患者262名に対してムイラプアマの抽出物1~1.5gを投与し、2週間後に62%のED患者に性欲が起こるようになり、51%のED患者に勃起不全の症状が改善したと述べられています。

別の臨床試験ではEDや性欲減退を訴える94名の患者にムイラプアマを投与したところ、

66%・・・パートナーとの性交の大幅な増加

55%・・・勃起の安定性の改善

66%・・・疲労の軽減

70%・・・性欲の増強

という結果が報告されています。

また、多くの男性が睡眠の質の向上と起床時の勃起の増加が述べられています。

L-アルギニン

アルギニンは勃起には欠かすことが出来ない酸化窒素を形成するための前駆体となります。

性的興奮時にアルギニンを酸化窒素に変換して勃起が起こります。

参考:一酸化窒素(NO)を供給するテストステロン

酸化窒素はペニスの血管を拡張し、弛緩させてペニスの血流を良くし、勃起が起こります。

アルギニンは国内の薬局でも簡単に手に入れることが出来、男性向けの精力剤としてもよく配合されています。

また、アルギニンは勃起の持続時間にも関係していることが解っています。サプリメントでアルギニンを補充することで、より長い間勃起を持続させることが出来ます。

ただし、帯状疱疹やヘルペスを発症している間はL-アルギニンにより悪化させてしまうことがあるので避けましょう。

亜鉛

亜鉛は精子の形成や運動に深くかかわっていることは良く知られています。それに加え、勃起機能に対しても影響を与えます。

勃起機能のトラブルを抱える多くの男性は亜鉛欠乏症であることが明らかになっています。

また、亜鉛はテストステロンの維持にも重要な働きを持ちます。テストステロンの前駆体であるアンドロステンジオンは、亜鉛依存性酵素によってテストステロンに変換されることが分かっています。

ある研究では毎日60mgの亜鉛を50日間摂取すると体内のテストステロンレベルが増加することが分かりました。また、テストステロンが代謝されDHT(ジヒドロテストステロン)の増加も見られたそうです。

亜鉛は国内の薬局でも簡単に手に入りますが、食事を通して定期的に加えるようにすると良いでしょう。

男性向け精力剤が便利

人気のある男性向け精力剤は、だいたい上記でご紹介したハーブやサプリメントが配合されています。

なかでも口コミでけっこう人気の高いメガマックスウルトラなんかは、勃起不全に役立つハーブやサプリメントが全て凝縮された感があります。

管理人も試してみましたが、まだ年齢が若かったためか、かなり効き目が強すぎでした。朝立ちが強すぎて家を出られないくらい。。。

私のように軽度なEDであれば、これがあればバイアグラ不要かも知れません。

メガマックスウルトラ(MegaMaxUltra)

2粒あたりの成分配合
亜鉛(酸化亜鉛) 15mg
L-シトルリン 200mg、
ヨヒンベ樹皮4:1エキス(ヨヒンベ) 120mg、
トリビュラス果実(ハマビシ) 200mg
朝鮮人参根(オタネニンジン) 120mg、
L-アルギニンベース 150mg
Dl-フェニルアラニン 50mg、
ダミアナ葉4:1エキス(ダミアナ) 100mg、
ムイラプアマ4:1エキス(プチコペタルムオラコイデス) 100mg
イノシン 50mg、
エンバク藁(マカラスムギ)(地上部) 23mg、
カイエン果実全体(トウガラシ) 20mg、
ディアベルベットアントラーパウダー 10mg、
イチョウ50:1エキス(イチョウ) 60mg
ガラナ 200mg、Anemopaegma Arvense(vell.)カツアバ 50mg、
フコキサンチン 30mg、
バイオペリン 20mg

本サイトではテストステロンを増やしたり、減らさないようにする方法に特化してリサーチしています。あくまで個人が調べた結果をまとめているものであり、お勧めしているものではありませんので予めご了承下さい。


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
トップへ戻る