敵にも味方にもなる遊離テストステロン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遊離テストステロン

遊離テストステロンの効果

テストステロンは精巣から90%、副腎から10%の割合で生成されます。そのうち何とも結合していない遊離テストステロン(フリーテストステロン)は、全体の1 – 2% 程度です。(参考:総テストステロンと遊離テストステロン)

遊離テストステロンがもたらす効果としては、

・モチベーションの維持
・持久力の維持
・体力の増加
・筋力の増加
・精力の増加
・体脂肪の減少

など、私たち(特に男性)が生きていくうえで重要な役割を果たします。単純に考えると「テストステロンを増やせばいいじゃん!」ということになるのですが、体内にある酵素との結びつきによって、毒にも薬にも変異するのです。

ハゲ(AGA)・前立腺肥大の原因となるDHT

遊離テストステロンが体内にある5αリダクターゼという酵素と結合することによってDHT(ジヒテストステロン)に変換されます。これはテストステロンの5倍~15倍の活性があるとも言われています。

DHTは、ハゲのみならず、前立腺肥大の原因でもあり、特にAGAで悩む人たちからは嫌われる存在で知られています。

ただし、DHTは一概に悪者というわけではありません。DHTは、テストステロンの何倍もの強力なアンドロゲン作用を持ち、脳や皮膚、性器、骨などに作用して維持しようとしてくれます。

中年以降で薄毛になる原因は、歳をとることでテストステロンが減少し、それを補うために体内でDHT(ジヒテストステロン)が増えるからと言われています。そのため、5αリダクターゼが増えるのだとか。

近年、若者の間で薄毛が増えている原因も、同じことが言えるのでは無いでしょうか。環境ホルモンや慢性的なストレスなどが原因でテストステロンが減少し、それを補うためにDHT(ジヒテストステロン)が増えている、と推測しています。

(参考:テストステロンが多いとハゲる、は間違い?

女性ホルモンに寝返るテストステロン

男性ホルモンの90%を占めるテストステロンですが、女性ホルモンにも変換されます。遊離テストステロンは体内のアロマターゼという酵素と結びつくとエストラジオールという強力な女性ホルモンに変換してしまいます
(参考:テストステロンの天敵、アロマターゼとは?

エストラジオールがもたらす効果としては、
・皮下脂肪の増加
・女性化乳房
・精神不安定
・髪、皮膚の弱体化
・陰茎の収縮

などです。私たち(特に男性)からしてみると、何としてでも避けたいところです。

アロマターゼはお腹の脂肪細胞にたんまり存在しています。脂肪の量が多ければ多いほど、アロマターゼの量も増えます。また、アルコールによって活性化されます。ぶくぶく太ってて女性化乳房になっている中年男性はまさに女性ホルモンの比率が高くなっている状態と言えます。(参考:男性でおっぱいが大きくなる太り方

遊離テストステロンのまとめ

如何でしたでしょうか。私たち男性にとって大変重要な遊離テストステロンですが、5αリダクターゼやアロマターゼといった酵素に結びつくことでマイナスの効果に働く場合があります。

まとめるとテストステロンが置かれる状況は加齢とともに以下の様に変化します。
・テストステロンは精巣からの分泌が低下する。
・テストステロンはエストラジオールへの変換が増える。
・テストステロンはDHTへの変換が増える。

テストステロンをただただ単純に増やすだけでなく、減らさず維持させることも重要であるということが解ります。

歳をとってもハゲでデブで女性化乳房にはなりたくないものですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
トップへ戻る