腎臓とテストステロンの関係性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テストステロンと腎臓

テストステロンと腎臓の関係

テストステロンは腎臓と密接な関係にあります。テストステロンレベルが低いと腎臓にさまざまな影響を与えます。腎臓病の男性は体内のエストロゲンレベルが非常に高く、テストステロンレベルが著しく低いことが研究調査で明らかになっています。

エストロゲンレベルが高く、テストステロンレベルが低くなると腎臓で生成されるカルシトリオールというホルモンの働きに影響を及ぼします。このカルシトリオールというホルモンは必要に応じて腸の細胞に働きかけ、カルシウムの吸収を促し、骨の形成をコントロールします。

骨粗鬆症のリスクも!?

テストステロンの低下により腎臓のカルシトリオールの働きが変わることで、骨の形成をコントロール出来なくなり、骨粗鬆症になると考える研究者もいるようです。男性が更年期を迎えテストステロンレベルが変化するに伴い骨粗鬆症の患者が比例して増えるのにも関係があるのかも知れません。

前立腺がんのリスクも!?

エストロゲンは腎臓の上皮増殖因子の生成を刺激する働きがあることがわかっています。これはテストステロンには見られない働きです。

この増殖因子が原因で前立腺がんに関係があり、エストロゲンによって引き起こされる腎臓の上皮増殖因子の生成が前立腺がんを発症する原因と考えられています。

近年、急速に増えている前立腺がん

前立腺がんは、欧米諸国では男性がんの中で大変多いがんとして知られていますが、日本国内でも近年もっとも増加している男性のがんが前立腺がんです。

1975年に前立腺がんを発症した患者は年間約2,000人程度でしたが、2006年に前立腺がんと新たに診断された患者は年間約42,000人と急激に増えています。

前立腺がんの発症のメカニズムは未だ解明されていませんが、高齢化によるホルモンバランスの変化が関係していることは間違いないと言われています。

本サイトではテストステロンを増やしたり、減らさないようにする方法に特化してリサーチしています。あくまで個人が調べた結果をまとめているものであり、お勧めしているものではありませんので予めご了承下さい。


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
トップへ戻る