総テストステロンと遊離テストステロン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遊離テストステロン

テストステロンの種類

テストステロンと言っても、いくつかの状態に分別されます。テストステロンの内訳は以下の通りです。

・総テストステロン
体内にある全てのテストステロンのこと。

・アルブミン結合テストステロン
アルブミンというタンパク質とゆるく結合したテストステロンのこと。
全体の25-65%を占める。

・SHBG(性ホルモン結合グロブリン)結合テストステロン
性ホルモン結合淡泊(SHBG)というタンパク質と固く結合したテストステロンのこと。
全体の35-75%を占める。

・遊離テストステロン(フリーテストステロン)
何とも結合していないフリーなテストステロンのこと。
全体の1-2%を占める。

活性化できるテストステロン

このうち、実際に活性化される(使うことができる)のは「アルブミン結合テストステロン」と「遊離テストステロン」だけです。ですので、体内にいくらテストステロンがあっても活性化できないと意味がないのです。

実際に、若年男性と高齢男性で総テストステロンの内訳を比較してみた結果、総テストステロンの量は変わらなくても活性化できるフリーテストステロンの量は若年男性の方が高い傾向にあります。高齢男性の方が、活性化できるアルブミン結合テストステロンと遊離テストステロンは少ないのが一般的です。

但し、最近の研究によりますと非活性型とされるSHBG(性ホルモン結合グロブリン)結合テストステロンにも活性があることが解ってきましたが、詳細は解明されていないようです。

遊離テストステロンの基準値で診断

LOH 症候群ガイドライン検討ワーキング委員会 では遊離型テストステロンを LOH 症候群の診断検査とすることを推奨している様です。

<遊離テストステロン基準値>

年齢 男性(pg/mL) 女性(pg/mL)
20~29歳 7.6 ~ 23.8 0.4 ~ 2.3
30~39歳 6.5 ~ 17.7 0.6 ~ 2.5
40~49歳 4.7 ~ 21.6 0.3 ~ 1.8
50~59歳 4.6 ~ 19.6 0.8 ~ 1.7(50歳以上)
60~69歳 5.3 ~ 11.5
70歳以上 4.6 ~ 16.9

参考:加齢男性性腺機能低下症候群(LOH 症候群)診療の手引き
https://www.urol.or.jp/info/data/gl_LOH.pdf

遊離テストステロン基準値
http://data.medience.co.jp/compendium/chart_pdf/A03180.pdf

低糖質・炭水化物抜きダイエットでSHBGが上昇する

近年、ダイエット効果があるということで糖質や炭水化物をとらないダイエット方法が流行っています。

以下の研究論文は糖質・炭水化物を減らすことでSHBGレベルが上昇するという結果が論じられています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3573976
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8495690

SHBGと固く結合したテストステロンは5αリダクターゼと結合することは無いため、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることはありません。

そのため、ネット上では炭水化物抜きダイエットでAGA(男性型脱毛症)が治ったという声も聞かれます。

本サイトではテストステロンを増やしたり、減らさないようにする方法に特化してリサーチしています。あくまで個人が調べた結果をまとめているものであり、お勧めしているものではありませんので予めご了承下さい。


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
トップへ戻る