食事でテストステロンを増やす

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テストステロンを増やす食事

テストステロンを増やす食事に切り替えよう

テストステロンは加齢とともに減少すると言われています。だいたい1年で1%減ると言われています。テストステロンを増やすサプリメントや薬、漢方薬などもありますが、日々の食事に気をつけるだけでも十分テストステロンを増やす事ができます。

テストステロンを生成させることも重要ですが、テストステロンの生成を妨げる酸化ストレスを抑えることも大事です。テストステロンを生成する精巣は酸化ストレス(酸化酵素)にとても弱いからです。

また、コレステロールをとることも重要です。テストステロンは精巣でコレステロールを原料として生成されます。コレステロールは動脈硬化の原因とされていましたが、最近になって撤回されています。厚生労働省が食事摂取基準でコレステロールの基準を撤廃し、日本動脈硬化学会も食事で体内のコレステロール値は変わらない、との声明を発表しています。

テストステロンを増やす食材

それでは、テストステロンを増やす食材を挙げてみましょう。たんぱく質、亜鉛、抗酸化作用、コレステロールを増やす食材のほか、NO(一酸化窒素)を増やす食材も追加しています。

たんぱく質を増やす食材:
鶏肉、豚肉、牛肉、魚、卵、豆腐、牛乳、納豆

亜鉛を含む食材:
カキ、レバー、ウナギ、ゴマ、しいたけ

抗酸化作用を持つ食材:
玉ねぎ、ニンニク、ワイン、ピーナッツ、カカオ、バナナ、キャベツ、ショウガ、アボガド

コレステロールを増やす食材:
卵、レバー、いくら、イカ、シラス干し、からすみ、スルメ

NO(一酸化窒素)を増やす食材:
スイカ、冬瓜、肉、エビ、ゴマ、大豆、ナッツ類

女性ホルモンを減らす食材:
ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、チンゲンサイ、緑茶、みかん、オレンジ、きのこ

たんぱく質を含む食べ物は抗酸化作用を持つ食材と一緒に食べると効果的です。食事で足りない部分はサプリメントなどを上手に使って補充すると良いでしょう。

本サイトではテストステロンを増やしたり、減らさないようにする方法に特化してリサーチしています。あくまで個人が調べた結果をまとめているものであり、お勧めしているものではありませんので予めご了承下さい。


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
トップへ戻る