筋力アップとテストステロン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筋肉とテストステロン

テストステロンと筋肉の関係

テストステロンの値が高い人は筋肉が付きやすいと言われています。事実、テストステロンは筋トレに深く関わっています。同じメニューの筋トレをしたとしても身に付く筋量には個人差が出てきます。

筋トレをすると体内にある筋肉を作るためのレセプターが増えていきます。そのレセプターとテストステロンが結びつくことで筋肉が作られていきます。これを繰り返し筋肉がバルクアップされていきます。

テストステロンの量が少ない人は、筋トレでレセプターを増やしたとしても、それに結びつくテストステロンが無いと筋肉は作られません。ボディビルダーやアスリートが不正にステロイドを使ってニュースで取り上げられることがあります。

ボディビルダーやアスリートは極限まで筋トレを行い、レセプターを増やし続けても個人の持つテストステロンがどうしても足りないため、代わりにアナボリックステロイドに手を出そうとするのです。

テストステロンには個人差がある

筋肉が作られるメカニズムにはテストステロンが大きく関わっています。テストステロンは20代をピークに減少していき、30代、40代、50代になるとテストステロンの量はかなり減ってしまいます。また、テストステロンの量には個人差があり、生まれ持って高い人もいれば、少ない人もいます。

吉本芸人のぐっさんこと山口智充さんなんかは、特にトレーニングをしていないにも関わらずすごい肉体の持ち主で、すぐに筋肉が付くらしいです。おそらく生まれ持ってのテストステロン値がものすごく高いのでしょう。

腕力の強さは相当なもので、芸能界ナンバーワンとも言われています。TV番組リンカーンでは腕相撲で20人連続で完勝したり、番組いただきマッスル!内では、筋肉芸人のなかやまきんに君とHGを相手に連続で勝利を納めています。ナチュラルでこれ程、筋力がある人も珍しいでしょうね。

筋トレでもテストステロンは上昇する

トレーニングを行うことでテストステロンを高める効果があります。トレーニングといってもどれでも良いわけではなく、筋力トレーニングが推奨されます。

持久力トレーニングはストレスホルモンであるコルチゾールを多く分泌させてしまうため、お勧めできません。コルチゾールはテストステロンの量を減らしてしまうからです。

また、筋力トレーニングでもオーバートレーニングになってしまうと一気にコルチゾールが増えてしまいテストステロンを減らしてしまい、且つカタボリック(筋肉を減らしてしまう)が促進されてしまいます。

テストステロンレベルを高く保ち、筋トレを行う場合は、短い時間で強度の強い筋トレを行うことが推奨されています。
(参考:テストステロンを減らすストレスホルモン「コルチゾール」)

筋トレにおススメのサプリメント

いくら筋トレをしても筋肉が付きにくい人もいます。また、テストステロン値は年々減っていきますので若いころと比べると筋肉も付き辛くなっていきます。そこで、筋トレをする際におススメのサプリメントをいくつかご紹介いたします。

HMB

2010年に日本国内でも販売が可能になったサプリメントで比較的新しく、非常に人気の高いサプリメントです。

ロイシンというアミノ酸が体内で代謝されたものがHMB(β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)です。ロイシンは筋肉を成長させるために非常に重要な働きをします。プロテインや筋トレ用サプリメントとして含まれるBCAAとよばれるアミノ酸(ロイシンとイソロイシン、バリン)の中で、一番重要とされているのがロイシンです。

但し、ロイシンが体内で有効活用されるためにはHMBに代謝される必要があります。しかし、全てがHMBに代謝されるわけではなく、わずか5%ほどと言われています。そこでHMBを直接摂取できる様に開発されたサプリメントが人気を博しているのです。筋トレ用サプリメントを選ぶ際は、HMBが含まれているものをお勧めします。

クレアチン

クレアチンはアルギニン、メチオニン、グリシンで構成されたタンパク質で、最近のアスリートの間でよく利用されているサプリメントの1つです。お肉や魚の筋肉の中にも含まれていますが、食事から得られる量はとても少ないです。

特に運動や筋トレと組み合わせるとより効果が高くテストステロンの基準値が17%も上がると言われています。また、ストレスホルモンであるコルチゾールを抑制する働きもあり、コルチゾール過多によるテストステロンの減少や筋肉分解を抑えます。

テストステロンを増やすのに重要な睡眠の質を向上させる効果もあるため、他のサプリメントと併せて取り入ると効果もあがるでしょう。

シトルリン

シトルリンは血管を拡張させる作用があり、また代謝を促進させる作用もあります。アルギニンと相乗効果があると言われ、体内に入ったシトルリンはアルギニンに変換されます。そして必要量のアルギニンが確保されると再度シトルリンに変換されます。

この変換されるタイミングでNO(一酸化窒素)が発生します。これを繰り返すことでNOのレベルが上がっていきます。NOのレベルが上がると血管が拡張し血流が良くなります。また、血栓の生成を抑制したり、動脈硬化の防止、免疫機能の向上などがあります。サプリメントを選ぶ際はアルギニンとシトルリンがセットになったものが良いでしょう。

こらら、HMB・クレアチン・シトルリンがセットで含まれているサプリメントではDCC ディープチェンジクレアチン がおススメです。少し値段が張りますが、1つ1つサプリを買い合わせるよりお得です!

本サイトではテストステロンを増やしたり、減らさないようにする方法に特化してリサーチしています。あくまで個人が調べた結果をまとめているものであり、お勧めしているものではありませんので予めご了承下さい。


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
トップへ戻る