テストステロン値が高い人の特徴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テストステロン値が高い人の特徴

テストステロンが急激に分泌される時期は生涯に3度あります。1つ目は胎児のときに一気に作られ、2つ目は、2~3歳の時に作られます。この時に男の子らしい遊びを好むようになります。3つ目は思春期の頃で、少年から大人の男性へと形成されます。

テストステロンの値によって、性格にも差が色濃く反映されてきます。

特徴としては、

・意欲的でチャレンジ精神が高い
・活動的で社会活動に関心を持つ
・ポジティブな思考を持つ
・仲間が多い
・浮気しやすく離婚しやすい
・人の話を聞かない
・判断力や決断力が高い
・認知機能が高い
・闘争心が強い
・身体機能が高い
・リーダーシップがとれる

等が挙げられます。テストステロン値が高い人の方が人生得していると思いませんか?

では逆にテストステロン値が低い人の特徴はどうでしょうか。

テストステロン値が低い人の特徴

・不平不満を口にしやすい
・すぐにカッとなる
・ストレスをためやすい
・世の中に関心を持たない
・小さなことで不機嫌になる
・性欲が低い
・何事にも悲観的
・意欲が低く活動的でない
・無気力で達成感がない
・神経過敏で常に緊張感がある

等が挙げられます。

既に当てはまる点が多い人はLOH症候群の可能性があるかも知れません。30代でもLOH症候群を発症してしまう人もいます。

気になる方は医療機関で一度受診してもらうと良いでしょう。テストステロンの値はメンズクリニックや泌尿器科で採決してもらえばすぐに解ります。

テストステロンの身体面・精神面への効果

テストステロンは様々な体に効果をもたらします。それは男性としての身体面だけでなく精神面にも大きく影響します。

・骨や筋肉を成長させる
・性欲や性機能を活性させる
・体毛を増やす
・内臓脂肪の蓄積を防ぐ
・血液を作る
・動脈硬化を防ぐ
・脳梗塞を防ぐ
・狭心症を防ぐ
・うつ病を改善する
・集中力を高める
・やる気や活力が向上する

等が挙げられます。

特に40代から50代にかけては精神面・身体面が低下が著しく見られる時期です。体調が悪くなくてもメンズクリニックや泌尿器科等でテストステロン値を定期的にチェックしてもらうと良いでしょう。

本サイトではテストステロンを増やしたり、減らさないようにする方法に特化してリサーチしています。あくまで個人が調べた結果をまとめているものであり、お勧めしているものではありませんので予めご了承下さい。


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
トップへ戻る