テストステロンを増やして人生を変える

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テストステロンとは

テストステロン

何らかの理由でテストステロンを増やしたいと思っている人は、世の中にたくさんいらっしゃいます。テストステロンとは男性ホルモンの一種で、男性ホルモンの90パーセントを占めるのがテストステロンです。

一昔前ではテストステロンはアスリートやボディビルダー向けに、筋力やパフォーマンスだけが着目されがちでした。しかし近年、さまざまなケースにテストステロンが関与するということが解ってきました。

以下はテストステロンが深く関与していると言われている症状です。

うつ病
男性更年期(LOH症候群)
女性化乳房
ED(勃起不全)
体脂肪の増加/肥満
夜間頻尿
男性不妊
・多汗症
AGA(男性型脱毛症)
筋肉の増加

また、これらだけでは無くテストステロンは気力や意欲、行動力や積極性、興味や好奇心、集中力など、精神面に幅広く作用すると言われています。

テストステロンはただ増やすだけではなく減らさないこと

しかし、テストステロンはただただ増やせば良いというわけではありません。テストステロンは増やすことだけでなく、テストステロンを減らさないことと、女性ホルモン(エストロゲン)を減らすこと、が重要になってきます。

テストステロンをたくさん増やしたとしても、体内にあるアロマターゼという酵素と結合した場合、テストステロンはアロマターゼ酵素によって女性ホルモン(エストロゲン)に変換されてしまうからです。

また、体内にある性ホルモン結合淡泊(SHBG)というタンパク質と固く結合したテストステロンは活性化されず人体に何の作用も与えません。つまり何の役にも立たないと言われています。活性化できるのは、アルブミンというタンパク質とゆるく結合したテストステロン、または何とも結合していないフリーテストステロンだけです。

さらにテストステロンの分泌は20代を境にだんだん減っていくと言われています。加齢によってフリーテストステロンは若年層の1/3、1/4まで落ち込むと言われています。

また、ストレスが増えることによってストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの分泌が増加すると、これによりテストステロンが破壊されてしまいます。

この様に、さまざまな理由・条件によってテストステロンレベルは低下にさらされています。本サイトではテストステロンを増やしたり、減らさないようにする方法に特化してリサーチしています。あくまで個人が調べた結果をまとめているものであり、お勧めしているものではありませんので予めご了承下さい。

テストステロンは年齢とともに減少していく

気力や意欲、行動力や積極性、興味や好奇心、集中力など、精神面に幅広く作用するテストステロンですが、歳を重ねるごとにどんどん減少していきます。10代、20代前半までイケイケだった人も歳負うごとにテストステロンが減少していき、丸く収まっていくのです。

もともとテストステロンの値の多い少ないは個人差がありますが、一般的には以下グラフにあるように20代をピークに右肩下がりで低下していきます。但し、これにも個人差があり、70歳を過ぎたおじいちゃんでも絶倫で精力旺盛な人もいらっしゃいます。羨ましいですね。。

テストステロンのグラフ

引用:http://www.nulifeinstitute.com/hrt-men-low-t.php

テストステロン値が低下すると「体脂肪の増加」や「筋肉量の減少」、「意欲や自信の低下」が見られます。

加齢とともにテストステロン値が減少することは解っていますが、それ以外の原因ももちろんあります。男性不妊の原因とも指摘されている化学物質です。化学物質のほとんどはエストロゲンに似た作りとなっていて、フリーテストステロンと結合しフリーテストステロンの生成や適正量の維持を阻害しています。

テストステロンの値はメンズクリニック等で検査することが可能です。もし自分のテストステロン値に興味がある方は一度検査を受けてみると良いです。

テストステロンが分泌されるしくみ

それでは、私たちの体内で生成されるテストステロンがどのように分泌されるのかを詳しく見てみましょう。

テストステロンが分泌するしくみ

上図のようにまず脳の視床下部に刺激が入ることによりGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)が分泌されます。そしてGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)というホルモンが下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)の分泌を促します。

このLH(黄体形成ホルモン)が精巣にあるライディッヒ細胞と結合し、コレステロールを材料にしてようやくテストステロンが生成されるのです。GnRHやLHが十分に分泌されていても材料となるコレステロールが足りていないとテストステロンは生成されません。

このようにLH(黄体形成ホルモン)はテストステロンの生合成や分泌を活発にします。また、FSH(卵胞刺激ホルモン)は精巣(睾丸)のセルトリ細胞に働いて、精子の形成を促進する不可欠なホルモンです。

ファーミア・マッスル というテストステロンブースターと呼ばれるサプリメントには、トリビュラス(ハマビシ)という成分が含まれています。このトリビュラスは脳下垂体にあるLH(黄体ホルモン)を刺激し、精巣のライディッヒ細胞でテストステロンを分泌させるように働きます。

テストステロンを増やす植物アンドロゲン

ハーブ

植物アンドロゲンは、比較的最近になって知られるようになりました。わたしたちの環境のいたるところに存在する植物にもテストステロンが含まれるということが解ってきました。それらの研究は未だあまり進んでいないそうです。因みに植物エストロゲンは古くから知られており研究が進んでいます。植物アンドロゲンはフリーテストステロンを増加させ、アンドロゲン/エストロゲンの割合を改善してくれます。

例えば、植物アンドロゲンには以下の様な働きがあります。

– 体内のアンドロゲンの生成を活発にする。
– テストステロンを直接供給する。
– アンドロゲンのエストロゲンへの変換するのを抑制する。
– アンドロゲンが性ホルモン結合グロブリン(SHBG)やアルブミンと結合するのを抑制する。

以下に植物アンドロゲンを持つ代表的なハーブを紹介しましょう。

松の花粉

松の花粉

松の花粉や樹皮、実や葉などのあらゆる部位にテストステロンが含まれています。その中でも花粉にテストステロンが非常に多く含まれているそうです。間接的にテストステロンの分泌を増やすのではなく、テストステロンそのものです。松には強い男性ホルモン様作用があり、血中のフリーテストステロンレベルを高め、アンドロゲン/エストロゲンの割合を改善してくれます。

栄養価も高く、アミノ酸を多く含んでおり、肝細胞の再生を活発にし、血中のコレステロールを下げ、心臓・肝臓、脳のSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)という強力な抗酸化物質のレベルを高め、免疫力も向上させるなどの作用があるとのことです。

ある調査で、松の木を扱った製材所の近くを流れる川の水には強いテストステロンが多量に含まれており、そこに生息するメスの魚がオスに性転換するケースがあるということが明らかになった、等の事例もあるそうです。

松の花粉を食べ物や薬として使用されてきた歴史は古くからあり、特に中国では長寿や老化防止の栄養剤としいて何千年も昔から使用されてきました。残念ながら現在(2017年)では日本国内での流通はほとんどありません。また、松の花粉についての研究はほとんど中国で行われ、研究論文はほとんど英訳されていないそうです。

スティーブン・ハロッド・ビューナーは自著であるナチュラルテストステロン―男性更年期とハーブの活用 で、松の花粉が最も強力な植物アンドロゲンであると記しています。

トリビュラス(ハマビシ)

ハマビシはあまり聞きなれませんが、国内でも生息し本州~四国・九州にかけての温暖な海岸に自生しています。ハマビシは脳下垂体にある黄体形成ホルモン(LH)を刺激し、精巣のライディッヒ細胞でテストステロンを分泌させるように働きます。

研究では、ハマビシを3週間服用した男性の尿中にはDHEAS(ジヒドロエピアンドロステロン硫酸塩)の大幅な増加が見られました。また他の研究ではハマビシを服用した男性の性欲が高まったと述べられています。

ハマビシは体内のテストステロンを増加させ、アンドロゲンとエストロゲンのバランスをとるのに有用です。男性不妊の原因である精子の数が少ないケースや運動性が低いケースなどの治療に処方されます。ハマビシは精子の形成や運動に極めて強い影響を与えるのだそうです。

ある研究では、無精子症の患者にハマビシを服用させたところ、精子形成を大きく増進させたとのことです。また、性的衝動、勃起、射精が著しく高まったなど、他の研究でも同様の結果が出ているそうです。

ハマビシは男性向けの精力剤などにも使われています。残念ながら日本国内では医薬品成分とされており、いわゆる健康食品や食用に供することは禁止されています。ですので、自己責任となりますが個人輸入等で入手するしかなさそうです。

ネトル(イラクサ)の根

イラクサ

ヨーロッパやアメリカが原産のネトル(イエラクサ)は古くからハーブ治療の薬草として使われてきました。葉の部分がアレルギー性鼻炎や関節炎などに有効で国内でもよく使われています。根の部分は体内のフリーテストステロンレベルの増加や前立腺治療のために使われます。

ネトル(イエラクサ)の根はテストステロンがSHBG(性ホルモン結合グロブリン)と結びつくのを抑制し、フリーテストステロンの量を増やします。体内にある全てのテストステロンには活性化される(使うことができる)テストステロンと活性化できない(使うことができない)テストステロンがあります。

活性化される(使うことができる)テストステロンにはフリーテストステロンと呼ばれる何とも結合していないフリーなテストステロンがあります。活性化できない(使うことができない)テストステロンにはSHBG(性ホルモン結合グロブリン)というタンパク質と固く結合したテストステロンがあります。

ネトル(イエラクサ)の根がテストステロンの代わりにSHBGと結合することで、フリーテストステロンがSHBGに結合するのを防ぐというユニークな働きがあります。また、強い抗アロマターゼ作用があるため、テストステロンがエストラジオールに変換することを阻害します。この働きは人の胎盤や動物実験、生体外実験でも見られたそうです。

ネトル(イエラクサ)の根には前立腺機能を活性化する強い作用があり、様々な臨床試験で良い結果が得られたそうです。前立腺肥大の進行度が1期から3期までの患者でネトル(イエラクサ)の根の使用により夜間頻尿や尿の出、残尿感、前立腺の肥大が縮小が見られたと報告されています。

チョウセンニンジン

チョウセンニンジン

チョウセンニンジンは中国、韓国、ロシアが原産地で中国では何千年も前から薬用目的で多量に使用されてきました。日本国内でもなじみがあり、研究論文も非常に多くあります。ヨーロッパの臨床研究では視覚、聴覚、敏捷性、集中力、精神面の明晰さ、難解な概念の把握力、そして呼吸運動の強化などが見られたそうです。

また、男性の生殖器系への明確な働きが見られたと報告されています。チョウセンニンジンを1日4g、3か月間摂り続けた結果、治験者の男性にテストステロン、ジヒドロテストステロン(DHT)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体形成ホルモン(LH)、精子の増加および運動性の向上が見られました。

黄体形成ホルモン(LH)はテストステロンの生合成や血流のテストステロンの分泌を活発にし、卵胞刺激ホルモン(FSH)は精子の形成に不可欠なホルモンです。FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体ホルモン)はGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)というホルモンによって下垂体から分泌を促します。

チョウセンニンジンの成分であるギンセノシドは体内で生成される性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)と同じくらい強い作用を持つことが解ってきました。ギンセノシドは性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が放出したかのように働きかける、もしくは放出を刺激するかのどちらかの作用が起こる様です。

一般的にチョウセンニンジンは体内に直接テストステロンを供給するものではなく、テストステロンの生成および精子の形成をより活発にするために黄体形成ホルモン(LH)や卵胞刺激ホルモン(FSH)を刺激する物質であると考えられています。

テストステロンブースターとは

テストステロンを増やすための植物アンドロゲンをいくつか紹介してきましたが、強力な作用を持つものもあり、用量・用法を間違えないようにしなければなりません。また、松の花粉やネトルの根などを成分とした商品は、国内産のものはほとんど見かけることはありません。

テストステロンブースターと言われるテストステロンに特化したサプリメントは、用量や成分がバランスよく考えられて配合されています。例えばテストステロンブースターで人気なのが、ファーミア・マッスル です。ハマビシが配合されてるもので、既に大人気となっているヒット商品です。個人輸入でしか入手できませんが、サイト上の口コミでは絶大な支持を集めています。

自分に見られた効果としては、
・夕方以降になっても疲れにくくなった。(以前は16時くらいで気力が失せてました。)
・メンタルが前向きなった感じ。行動的というか外出が億劫にならなくなりました。
・朝起きるのが辛くなくなった。”布団から出られない病”が緩和された。
・筋トレが今でも続いている。
という変化が感じられました。

テストステロンブースターは、テストステロンレベルの向上を求めている人だけではなく、ボディビルダーの様な筋肉のバルクアップを目的としている人達にも使われているようです。

ファーミア・マッスルの口コミ

男性更年期障害(LOH症候群)の治療

ハーブやサプリメントではなく、医療現場では直接テストステロンを取り入れる治療法が行われます。そのひとつにグローミンという軟膏の薬剤があります。グローミンはLOH症候群と呼ばれる男性の更年期障害に使われます。

テストステロンの急激な分泌不足が原因で自律神経失調症やうつ症状が引き起こされてしまうそうです。テストステロンを皮膚から吸収させて補充するグローミンはメンズクリニック等で男性更年期障害(LOH症候群)の治療に使われます。

グローミン以外にも、セルノスジェルやテストジェルという軟膏薬があります。こちらはグローミンよりもさらにテストステロンが多く含まれていますが、残念ながら国内では販売されておりません。自己責任となりますが個人輸入で手に入れるしかなさそうです。

セルノスジェルテストジェル の効果としては個人輸入サイト(オオサカ堂さん)の口コミを見る限り肯定的な感想が多い様です。ご興味のある方はコチラからどうぞ。

セルノスジェルの口コミ
テストジェルの口コミ

テストステロンの値を調べてみた

テストステロンの値は個人によって異なります。胎児期にアンドロゲンという男性ホルモンをどれくらい浴びるかによって生まれ持つテストステロン値が違うのだそう。

この時期にテストステロンが不足すると男性なのに女性っぽくなったり、女性なのに男性っぽくなったりするそうです。また思春期にゲイに目覚めるのだとか。

テストステロン値を簡単に測る方法があります。それは薬指の長さで測れます。胎児期に浴びたテストステロンの量によって薬指の長さが長くなるのだそうです。人差し指より薬指が長ければ長い程、テストステロン値が高いということになります。

私はこんな感じ。

テストステロンを測る

なんとも華奢な手。。。薬指と人差し指は同じくらいですね。
あの時たくさんテストステロンを浴びとけばよかった。。

これはあくまで胎児期の話であって、現在進行形のテストステロン値を測るものではありません。ちゃんとしたテストステロンの値を計測するにはメンズクリニック等で見てもらえます。

唾液や尿からは計測できず、血液検査によって計測されます。30代の場合、血液中の遊離テストステロンの濃度が6.5~17.7 pg/ml内であれば基準値の範囲で、それより以下となると男性更年期障害(LOH症候群)も考えられます。

気になる方はメンズクリニックで測定してもらいましょう。

<遊離テストステロン基準値>

年齢 男性(pg/mL) 女性(pg/mL)
20~29歳 7.6 ~ 23.8 0.4 ~ 2.3
30~39歳 6.5 ~ 17.7 0.6 ~ 2.5
40~49歳 4.7 ~ 21.6 0.3 ~ 1.8
50~59歳 4.6 ~ 19.6 0.8 ~ 1.7(50歳以上)
60~69歳 5.3 ~ 11.5
70歳以上 4.6 ~ 16.9

参考:加齢男性性腺機能低下症候群(LOH 症候群)診療の手引き
https://www.urol.or.jp/info/data/gl_LOH.pdf

遊離テストステロン基準値
http://data.medience.co.jp/compendium/chart_pdf/A03180.pdf

本サイトではテストステロンを増やしたり、減らさないようにする方法に特化してリサーチしています。あくまで個人が調べた結果をまとめているものであり、お勧めしているものではありませんので予めご了承下さい。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る